淫乱の解釈

淫乱な体験談

これは私が体験したとっても淫乱な出来事です。
それはお気に入りの風俗の関内人妻ヒットパレードを利用した日のことでした。
関内人妻ヒットパレードはデリヘルもやってるのですが、本来はホテヘルとして営業しているので、私は受付店舗まで行って利用しています。
店員さんの接客や対応もとてもいいですし、女性の顔出しの生写真を見ながら選べるという点が最高です。
それに、自分の好みとかを細かく伝え、相談にのってもらえるのも好きです。
そんな感じで、いつもの様に予約を入れずに受付店舗に行きました。
すぐに遊べる女性の中から、一人の女性を指名しました。
その日はとても疲れていたので、落ち着いた雰囲気を醸し出していた女性を選びました。
いつものホテルで待っていると、チャイムが鳴ります。
ドアを開けると、想像以上にキレイな清楚で落ち着いた雰囲気の人妻さんでした。
その声、言葉遣い、振舞い、全てが清く控えめでした。
「今日は寒いですね…」なんて世間話をしていくうちに、さらに魅かれていきます。
興奮が爆発しそうな私は「シャワー…行こうか…」とプレイを促します。
彼女は恥ずかしそうに「はい…」と言います。
シャワータイムでも恥ずかしそうに振舞っていたのですが、互いに全裸になったことと、心身ともに温かくなる湯気がしだいに二人を親密にしていきます。
この辺りから、彼女の淫乱さが垣間見えてきます。
さっきまで清楚の塊の様な女性だったのに、私の腕を自らの乳首やアソコに擦りあててきます。
その頃の彼女の瞳には淫乱さが表れていて、すぐにでも乱れたいといった感じでした。
ベッドに移動すると、彼女の方から濃厚で淫乱なディープキスをしてきました。
そこから、清楚だった彼女は完全に淫乱な女性と化し、終始乱れに乱れたプレイでした。
本当に最高でした。